春の訪れが楽しみな半面、春は肌荒れが起こりやすい時期。

  • どうして春に肌荒れが起きやすいの?
  • 対策はどうしたらいい?
  • ウィズコロナ時代のお家時間に効果的なケア方法は?

どうして春に肌荒れが起きやすい

様々な植物が息吹く時期。

春は外的要因と内的要因が多い時期です。

外的要因というのは花粉だったり、紫外線のような外からの影響のことです。肌は乾燥時期の冬仕様の状態で春に入ります。冬場は寒いので保湿をたっぷりして肌のバリア機能を補うことに意識をしていますが、春になるとついつい怠りがちになってしまいます。その保湿が足りないお肌=バリア機能が弱いところに花粉や紫外線によって肌トラブルが起きやすきなります。

肌のバリア機能を高めるためには?

肌のバリア機能を高く保つためにはお肌の水分をしっかり保って潤い肌を保つことが重要です。そのうるおい肌のためには肌の水分を保持する力が必要。水分を逃さないためには適切な油分を肌に与えることが基本です。

日本人は肌バリア機能は欧米人の4分の1

実は、日本人の肌の水分保持力は、欧米人のわずか4分の1程度です。欧米人は、日本人と異なり、オイル美容が習慣となっているためしっかり水分を保持する力を持っていますが、日本人は比較的、化粧水のような水溶性ベースが好まれるため肌表面の水分保持力が不足しがちです。

水分保持力の足りない日本人こそオイルを味方」にすることが大切

https://www.oil-biyou.jp/
biople by cosmekitchen,ローズヒップオイル

オイル美容を取り入れてみて。

春の肌トラブル対策に是非オイル美容をオススメします。オイルの中でもローズヒップオイルはとっても万能です。3大必須脂肪酸( オメガ3・6・9) を豊富。

  • 保湿や抗酸化力を助け高める働きがある【オメガ9】
  • 肌のバリア機能を助ける働きがあるとされる【オメガ6】
  • 肌の抗炎症効果ターンオーバーの働きを促進する【オメガ3】
オイルを人肌の温度程度に温めてください。

使い方は化粧水のあとのスキンケアルーティンに取り入れるだけ。

ウィズコロナ時代のおうち時間にこそオイル美容に取り組みましょう。

おうち時間を過ごすことにも慣れてきましたでしょうか。春は何かを始め時期。オイル美容も取り入れやすいです。

しかし春のおうち時間は忙しかったりしませんか?オイル美容の難点は使い心地が、他の化粧品より独特なこと。エイキンのローズヒップオイルは抽出法も特別な方法ですが肌に馴染むまではつけた後に少し時間をかけたい。

オイルをつけてメールチェックを1回してみたり、する余裕が必要なアイテム。

おうち時間の隙間時間にオイルスキンケアをルーティン化すると日々の美肌への成長が感じることができます。

体内で作れないオイルを新しい春からあなたのスキンケアルーティンに取り組んでみてはいかがでしょうか。